ホーム > 症例

症例

症例3
 右矢印前の症例を見る 症例一覧へ戻る 戻る矢印 次の症例を見る左矢印 

術前

インプラントを埋める為に本来は歯茎の切開が必要ですが、どうしても切開をすると身体への侵襲が大きくなります。様々な条件が整っていれば、歯茎への切開をしないでインプラント治療が出来ます。
術前1   術前2
【右上6頬側】   【右上6咬合面】
上顎第一大臼歯欠損   咬合面(噛み合わせ側)から見た状態。歯茎、骨ともに十分な幅があります。フラップレス埋入の適応です。

 

術前3   【術前パノラマ】
  術前のレントゲン写真です。9年前、下の前歯にもインプラント治療をされています。現在も全く問題なく使用されています。
矢印

インプラント埋入

インプラント埋入1   インプラント埋入2
歯茎に約5ミリ位の穴を開けます。この小さな穴からインプラントを埋入します。   インプラントを埋入しました。
  矢印  
インプラント埋入3   インプラント埋入4
インプラント用の仮歯の土台です。   【術後パノラマ】
    インプラント埋入後のレントゲン写真です。
矢印

補綴治療

カスタムアバットメント装着し、セラミッククラウンをかぶせました。
補綴治療1   補綴治療2
【症例1.】
上下の入れ歯からインプラントに置き換えた症例
【症例2.】
骨の高さが少なくソケットリフト行った症例
【症例3.】
切開をしないでインプラント治療をした症例(フラップレス埋入)
【症例4.】
下の入れ歯を磁石で固定した症例
【症例5.】
上顎前歯部の抜歯即時、即時荷重でインプラント治療を行った症例
【症例6.】
上下顎多数歯、抜歯即時埋入、即時荷重を行ったインプラント治療の症例
【症例7.】
右下顎ブリッジが壊れ、抜歯即時埋入、フラップレス埋入、即時荷重でインプラント治療を行った症例