ホーム > 症例

症例

症例7
 右矢印前の症例を見る 症例一覧へ戻る 戻る矢印  

術前

右下臼歯部のブリッジが壊れ、右下第二小臼歯が保存不可能になり抜歯する事になりました。この事によって右下第二小臼歯、第一大臼歯が無くなってしまいました。
術前1   術前2
    【術前パノラマ】
治療方法として、
(1)残った歯にとって負担の大きくなるブリッジを改めて作る方法。
(2)残りの奥歯にバネをかけて入れ歯で治療する方法
(3)前後の臼歯に負担をかけないで、2本のインプラントで治療する方法
を提案させていただき、 (3)のインプラントによる治療を選択されました。
矢印

インプラント埋入

保存不可能な第二小臼歯を抜歯し、その直後インプラントを歯を抜いた穴に埋めました。
インプラント埋入1 矢印 インプラント埋入2
【抜歯後】   【インプラント埋入】
  矢印  
インプラント埋入3   インプラント埋入4
【右下プロビ】   【術後パノラマ】
インプラント治療に最小限必要な3ミリほどの穴を歯茎に開けインプラントを埋め、仮歯用の部品を取り付けました。    
矢印

補綴治療

補綴治療   インプラントが骨と完全に結合した事を確認し、カスタムアバットメントを作り、セラミッククラウンを被せました
【症例1.】
上下の入れ歯からインプラントに置き換えた症例
【症例2.】
骨の高さが少なくソケットリフト行った症例
【症例3.】
切開をしないでインプラント治療をした症例(フラップレス埋入)
【症例4.】
下の入れ歯を磁石で固定した症例
【症例5.】
上顎前歯部の抜歯即時、即時荷重でインプラント治療を行った症例
【症例6.】
上下顎多数歯、抜歯即時埋入、即時荷重を行ったインプラント治療の症例
【症例7.】
右下顎ブリッジが壊れ、抜歯即時埋入、フラップレス埋入、即時荷重でインプラント治療を行った症例