ホーム > 院内のご案内 > 歯科用CTを導入

設備紹介

最先端技術のCT装置の導入

この度当医院では、歯科用CT導入にあたり『歯科用コーンビームCT』(日立メディコ製)という機械を導入いたしました。これまでのCT装置と比べてもとても小さいサイズなのに性能は飛躍的に向上し、大学病院のみならず一歯科医院にも設置利用可能になりました。これまでのパノラマレントゲン写真装置の2次元の表面的な写真からは立体的な3次元の画像の世界になったのです。平成22年9月現在、葛飾区内や江戸川区ではまだ他の歯科医院にはないオンリーワンの最先端技術です。当然ながら高額な設備ですし、私たちも設備投資に若干躊躇いたしましたが、「すべては患者さまのために」という医療に携わる者の原点に立ち返り、今回の導入を決定いたしました。一度是非お試しいただいて、一生使う大切な歯を私たちと守っていきませんか?
ご不明な点などございましたら、ご遠慮なくご相談ください。

CT撮影について

CT撮影にかかる時間は10秒、被爆線量も医科用CTの1/8。

また医科用CTと違い、座ったままでの撮影になります。今までは近隣の大学病院等に撮影依頼をしていましたが、これからは煩わしい事務手続きもありません。 患者様のご希望日に、また、すぐに撮影可能になります。

最高レベルの治療が可能に

今までの数本の歯を写すレントゲン写真装置や、全部の歯を一度に映すパノラマレントゲンも診断に有効な装置でしたが、画像は奥行きのない2次元の写真でした。
これらの写真はどこまでも影絵にすぎませんでしたのでどうしても隠れて見えない部分があり、診断・治療は歯科医師の経験とカンに頼るしかありませんでした。
残念ながら、これがCT装置を導入していない歯科治療の現状なのです。

今回導入しました新CT装置では、特殊な方式で身体データを取込みコンピューター処理することにより、立体的な3次元の画像が入手出来るようになりました。

ここ数年急速に普及し始めたインプラント治療、成人の80%以上が患っている歯周病、虫歯、横に生えてしまった親知らず、矯正治療その他口腔がん等のお口の中のあらゆる病気が詳細に分析可能となり、精密な無駄のない治療が可能となりました。